メニューへ 本文へ

国際

文大統領「新分野の協力拡大で一致」 韓・ノルウェー首脳会談

Write: 2019-06-13 17:22:53Update: 2019-06-13 17:54:47

文大統領「新分野の協力拡大で一致」 韓・ノルウェー首脳会談

Photo : YONHAP News

ノルウェーを国賓訪問中の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は13日、エルナ・ソルベルグ首相と会談し、両国が従来から協力関係を進めてきた造船・海洋分野や北極研究だけでなく、水素エネルギーなど新しい分野でも協力を強化していくことで合意しました。
とくに、無公害エネルギー源とされる水素の生産や活用、保存に関する技術開発の交流を拡大し、水素エネルギー経済の実現に向けて協力していくことになりました。
文大統領は、国交60周年を迎えた両国関係に触れ、「造船や海洋水産など従来の協力分野はもちろん、未来産業や防衛産業、エコ産業などでも協力の幅が広がっている。また気候変動や持続可能な開発など主要な政策課題においても積極的に交流している」と述べました。
文大統領はまた、最近の韓半島情勢は韓国政府の韓半島平和プロセス政策について説明したうえで、ノルウェー政府の支持と応援に謝意を表しました。
これを受けてソルベルグ首相は、今後も韓半島の平和に向けた韓国政府の取り組みを積極的に支持し、ノルウェーが貢献できる方策を今後も模索していくと応えました。
このほかにも、「包容国家」や「持続可能な福祉国家」を目指す両国の政策ビジョンには互いに通ずるものがあるとして、福祉分野における交流も強化することで一致しました。
会談の終了後には、両国首脳が見守る中、水素経済と低炭素技術に関する協力、それに社会保障協定や北極関連の協力に関するMOU=了解覚書が締結されました。

おすすめのコンテンツ