メニューへ 本文へ

政治

外交部、ファーウェイ製品について「企業の自律性を尊重」

Write: 2019-06-14 10:32:38Update: 2019-06-14 11:31:08

外交部、ファーウェイ製品について「企業の自律性を尊重」

Photo : YONHAP News

アメリカが中国の通信機器最大手ファーウェイ(華為技術)の製品についてセキュリティー上の懸念があるとして使用の中止を求めている問題で、外交部は13日、韓国政府としては、企業の自律性を尊重するとともに、軍事通信のセキュリティーには影響がないように方策を講じるとの立場を明らかにしました。
外交部当局者はまた、ファーウェイ製品のセキュリティーへの懸念について、必要に応じて関係国と協議するとしています。
こうした発言は、韓国駐在のハリス・アメリカ大使が韓国政府のファーウェイ製品に対する姿勢を批判し、圧力を強めていることへの対応とみられます。
ハリス大使は、13日に掲載された朝鮮日報とのインタビューで、「ファーウェイ製品を使用しても、それがアメリカと韓国の軍事安全保障に影響を及ぼすとは考えていないとした韓国政府の立場には同意できない」とし、「ファーウェイのような企業から装置を購入することについては、厳しく注視する必要がある」と強調しました。

おすすめのコンテンツ