メニューへ 本文へ

政治

韓国国会議長「天皇発言」で謝罪「心を痛めた方々に申し訳ない」

Write: 2019-06-14 10:50:43Update: 2019-06-14 13:40:45

韓国国会議長「天皇発言」で謝罪「心を痛めた方々に申し訳ない」

Photo : YONHAP News

韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長が、旧日本軍慰安婦問題をめぐって「天皇が直接謝罪すべきだ」とし、日本からの反発を招いた自らの発言について、日本の国民に謝罪しました。
国会議長室によりますと、文議長は13日、韓国を訪れた鳩山元首相との昼食会で、以前の自らの発言について、「そのことで、心を痛めた方々に申し訳ない」と語ったということです。
文議長が自身の天皇に関する発言について謝罪したのは初めてです。
鳩山元首相は、文議長の発言について、「韓国人の立場では納得できるが、日本人たちは天皇まで持ち出したことを失礼だと思うだろう」と指摘し、文議長は、「全くその通りだ」と応じたということでです。
文議長はことし2月のアメリカのブルームバーグ通信とのインタビューで、慰安婦問題をめぐって、日本の首相や天皇が慰安婦被害者に直接謝罪すれば問題は解決すると発言し、日本からの激しい反発を招きました。

おすすめのコンテンツ