メニューへ 本文へ

社会

国土交通部 済州第2空港、2025年までに建設

Write: 2019-06-20 10:52:32

国土交通部 済州第2空港、2025年までに建設

Photo : YONHAP News

国土交通部は19日、済州(チェジュ)島に建設する予定の済州第2空港を、計画通りに2025年までに建設するという内容を盛り込んだ最終報告書をまとめました。
済州道(チェジュド)西帰浦市(ソギポシ)城山邑(ソンサンウプ)に建設予定の第2空港については、環境問題などを理由に地元住民らが建設に反対していたため、政府は、去年6月から立地選定の妥当性に関する再調査を進めていました。
国土交通部はこの日発表した最終報告書で、空港施設を最適かつ効率的に配置することで、環境への影響と騒音を最小限に抑えるとともに、利便性を高め、安全な空港を建設するとの基本方針を示しました。
済州島全体の航空旅客数は、2055年の時点で、国際線と国内線を合わせて4109万人、発着回数は25万7000回と予測され、こうした需要に対応できるシステムを備える計画です。
また、済州空港は「メイン空港」、済州第2空港は「サブ空港」として位置づけることを原則に、第2空港が国内線の50%の需要をまかなう計画ですが、今後の状況にあわせて、更なる需要にも対応できるようにするとしています。
国土交通部は、ことし10月、基本計画を告示します。


おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >