メニューへ 本文へ

政治

日本外相 駐日韓国大使呼んで仲裁委員会設置めぐって抗議

Write: 2019-07-19 14:22:27

日本外相 駐日韓国大使呼んで仲裁委員会設置めぐって抗議

Photo : YONHAP News

日本の河野太郎外相は19日午前、南官杓(ナム・グァンピョ)日本駐在韓国大使を呼んで、韓国が仲裁委員会の開催に応じなかったことについて抗議しました。
河野外相は冒頭で、元徴用工訴訟をめぐって日本側が18日までと定めた第3国による仲裁委員会の設置期限までに韓国政府が回答しなかったことについて「極めて遺憾だ」と述べました。
また韓国政府に対して、「国際法違反の状態を野放しにせず、直ちに是正措置を取ることを強く求める」としたうえで、「大使が本国に正確に報告し、一刻も早くこの状況を是正するようお願いする」と話しました。
これに対して、南大使は、「韓国政府にきちんと伝える」と答えたあと、「両国の間に非常に望ましくない状況が展開されている。日本の一方的な措置が韓日関係の根幹を損なわせている」と指摘しました。
また、「韓国政府は両国関係を損なわせずに訴訟が終結されるよう環境づくりに懸命に努力している」としたうえで、「こうした努力の一貫として、両国企業の出資を柱とする解決策をすでに提案している。この方策にもとづいて両国がともに解決に向けて協力していくことを期待する」と話しました。
これに対して河野外相は、「韓国側の提案は決して受け入れられない」と強硬な姿勢を示しました。
南大使はメディアに公開された冒頭発言のあと、非公開での対話を行い、外務省を出ました。

おすすめのコンテンツ