メニューへ 本文へ

政治

統一部長官「今こそ南北高官級会談が求められる局面」

Write: 2019-07-19 14:23:03Update: 2019-07-19 14:23:13

統一部長官「今こそ南北高官級会談が求められる局面」

Photo : YONHAP News

金錬鉄(キム・ヨンチョル)統一部長官は、「停滞している南北関係の糸口を見出すため、いまこそ高官級会談が求められる局面だ」という考えを示しました。
金長官は18日、ラジオ番組に出演し、「ベトナム・ハノイでの2回目の米朝首脳会談が物別れに終わって以降、停滞している南北関係の糸口を見出すため、いまこそ高官級会談が求められる局面だ。高官級会談の議題や時期などについて総合的に検討している」と明らかにしました。
しかし、金長官は高官級会談の開催を北韓側に提案したかという質問に対しては、「様々なことを見極めている」と答えるにとどめました。
金長官は、米朝の首脳が板門店での会談で合意した実務交渉の再開の時期について、「多様なコミュニケーションが取られているが、もう少し見守る必要がある」と述べました。
北韓が、来月に行われる予定の韓米合同軍事演習を米朝の実務交渉への障害と位置づけていることについては、「北韓が安全保障という面で軍事演習に対する原則的な立場を表明したものだ」という見方を示しました。

おすすめのコンテンツ