メニューへ 本文へ

社会

「光復節」大規模市民集会 安倍首相に抗議の声

Write: 2019-08-16 11:45:18Update: 2019-08-16 14:49:31

「光復節」大規模市民集会 安倍首相に抗議の声

Photo : YONHAP News

韓日関係の悪化が続くなか、韓国では15日、日本の植民地支配からの独立記念日「光復節」を迎え、日本の輸出規制に反発する大規模な抗議集会が開かれました。
抗議集会を開いたのは、「安倍糾弾市民行動」などの市民団体で、15日午後6時からソウル中心部の光化門(クァンファムン)広場で行われ、主催者発表で10万人が参加しました。
参加者は、韓国の市民運動の象徴であるろうそくを手に持って安倍政権と輸出規制措置を批判しました。市民の中には、「NOジャパン、行きません・買いません」などと書かれたティーシャツやバッジを身に付けている人も多く見受けられました。
強制徴用被害者のイ・チュンシクさん(95)とヤン・クムドクさん(90)も参加し、日本政府の謝罪を求める1万6000人の署名をソウルの日本大使館に手渡そうとしましたが、日本大使館は最後まで受け取りませんでした。
抗議集会と同じ通りでは、文在寅大統領の退陣を求める集会も開かれましたが、抗議集会の参加者との大きな衝突はありませんでした。

おすすめのコンテンツ