メニューへ 本文へ

政治

統一部 「北韓の非難は南北共同宣言の精神に合致しない」

Write: 2019-08-16 11:48:52

統一部 「北韓の非難は南北共同宣言の精神に合致しない」

Photo : YONHAP News

北韓の対韓国窓口機関・祖国平和統一委員会が16日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の独立記念日「光復節」の式典での演説を強く非難したことを受けて、統一部は16日、「南北首脳間で合意した共同宣言の精神に合致しない」との立場を表明しました。
統一部の金銀漢(キム・ウンハン)副報道官は16日の定例会見で、北韓の祖国平和統一委員会が文大統領の演説を強く非難したことについて、「南北の首脳が合意した板門店宣言と平壌共同宣言の精神に合致しないだけでなく、南北関係の発展にも全く役に立たないということをはっきりと指摘したい」と述べました。
金副報道官はまた、祖国平和統一委員会が「韓国と向き合う考えはない」としたことについて、「われわれは板門店宣言と平壌共同宣言を徹底的に履行していくという一貫した立場を堅持している。韓半島の平和定着と南北関係の発展に向けたわれわれのこうした努力に、北韓も積極的に呼応することを促したい」と述べました。
金副報道官はそのうえで、「南北共同宣言の履行のためには、南北間の対話と協力だけが唯一の道だ」と指摘したうえで、「対話の場では互いの立場をいくらでも調整できるというのがわれわれの考えだ」と述べ、北韓との対話を重視していく姿勢を示しました。

おすすめのコンテンツ