メニューへ 本文へ

政治

福島原発汚染処理水の放出問題 外交部が日本公使呼んで回答要請

Write: 2019-08-19 12:54:20Update: 2019-08-19 18:05:04

Photo : YONHAP News

日本の福島第一原発に貯められている汚染処理水の放出問題について、韓国外交部は19日、韓国駐在日本大使館の関係者を呼んで、日本政府としての公式な回答を要請しました。
外交部の関係者は19日午前、西永知史公使を呼んで、日本の福島原発の汚染処理水の海洋放出計画に関するメディアの報道や国際環境NGOの主張について、事実かどうかの確認や今後の処理計画など日本政府としての公式な回答を要請する文書を手渡しました。
またこの関係者は、周辺の海洋生態系に影響が出ないように福島原発の汚染処理水を処理する方策を韓日両国がともに模索することを提案したということです。
国際環境NGO「グリーンピース」の専門家は最近、イギリスの経済誌、エコノミストに寄稿し、「安倍内閣と東京電力が福島第1原発に保管されている高濃度の放射能汚染水100万トン以上を太平洋に放流する計画を進めている。特に韓国はこの事の危険性から免れるのは難しい」と主張しています。

おすすめのコンテンツ