メニューへ 本文へ

政治

韓国大統領府高官「米朝対話、近く再開の見通し」

Write: 2019-08-22 14:22:11Update: 2019-08-22 15:04:58

韓国大統領府高官「米朝対話、近く再開の見通し」

Photo : YONHAP News

大統領府青瓦台の金鉉宗(キム・ヒョンジョン)国家安保室第2次長は22日、北韓との実務交渉を総括するアメリカのビーガン北韓担当特別代表と会談し「米朝間の対話が近いうちに再開しそうな印象を受けた」と述べました。
金次長は「非核化交渉のプロセスで、韓米間では緊密な協力が行われており、ビーガン特別代表とカウンターパートの李度勲(イ・ドフン)外交部韓半島平和交渉本部長との間に信頼があるため、すべてのことが共有され上手くいくと思われる」と話しました。
一方、この日、北韓の外務省は「軍事的脅威を伴う対話には興味がない」という立場を明らかにしています。こうした北韓の態度にも関わらず、米朝対話の再開を楽観視する理由について、金次長は「詳しい内容を話すことはできないが、近いうちに実現するとみられる」として言及しませんでした。
このほか、この日の会談では、韓日米の協力の重要性や韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の更新についても意見が交わされたということです。

おすすめのコンテンツ