メニューへ 本文へ

政治

文大統領 法務部長官任命を強行

Write: 2019-09-09 14:45:30Update: 2019-09-09 17:58:15

Photo : YONHAP News

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は9日、曺国(チョ・グク)前大統領府民情首席秘書官(54)の法務部長官への任命を強行しました。
先月9日の内閣改造の発表からちょうど1か月となります。
大統領府青瓦台の報道官は9日、「文大統領は長官3人と長官級3人の合わせて6人の任命を裁可した」と発表しました。
曺氏の任命は、検察と警察を最後に、権力機構の改革の総仕上げをしたいという文大統領の強い意志を示したものと受け止められています。
曺氏をめぐる疑惑を捜査している検察は6日夜、曺氏の妻を私文書偽造の罪で在宅起訴したほか、9日には、曺氏の家族が出資するファンドが投資した企業が、政府が進める事業を受注したとする疑惑をめぐって、中心人物の逮捕状を請求しました。
曺氏をめぐる疑惑の捜査がはじまって以来、検察が関係者の身柄の拘束に乗り出したのは初めてです。
また曺氏の任命に関する世論調査では、国民の50%以上が任命を反対すると回答しています。
文大統領が、曺氏の家族をめぐる様々な疑惑への検察の捜査が行われ、さらに野党保守派の激しい反発や否定的な世論を押し切ってまで曺氏の任命を強行したことで、政局に大きな波紋を巻き起こすことが予想されます。
一方、9日午後に開かれる曺氏の法務部長官就任式には、曺氏をめぐる疑惑を捜査している検察の高官は出席しない方針です。

おすすめのコンテンツ