メニューへ 本文へ

政治

文大統領 「疑惑だけで任命しないのは悪い前例になる」

Write: 2019-09-09 15:08:49

文大統領 「疑惑だけで任命しないのは悪い前例になる」

Photo : YONHAP News

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は9日、曺国(チョ・グク)氏を含む長官や長官級7人への任命状の授与式で、曺氏を法務部長官に抜擢した理由について、「私を補佐し、私とともに権力機関の改革にまい進し、その成果を出してきた。その曺長官に、改革の締めくくりを任せたいという抜擢の理由はすでに明確してきた」と述べました。
また曺氏をめぐる疑惑については、 「多くの疑惑が提起され、配偶者が起訴され、任命をめぐる賛否両論で対立した。国民の分裂にもつながり得る状況を見ながら、大統領として深く悩んだ。しかし、私は原則と一貫性を守ることが何より重要だと考えた」としたうえで「本人が責任を負うべき明確な違法行為は確認されていないのに、疑惑だけで任命しないのは悪い前例になる」と強調しました。
文大統領は、「家族が捜査対象となり、起訴されたなかで、長官に任命されれば、公正な捜査ができず、長官としての職務も遂行しづらいのではないかという懸念の声が多いのも承知している。しかし、検察はすでに、公正に捜査する意志を行動で十分示している」と説明しました。
また「検察は検察がやるべきことをやり、長官は長官がやるべきことをやっていけば、それも権力機関の改革と民主主義の発展につながることになるだろう」と述べました。

おすすめのコンテンツ