メニューへ 本文へ

政治

教授1000人が時局宣言「曺国法相の任命で社会の正義が崩れた」

Write: 2019-09-17 11:56:45

教授1000人が時局宣言「曺国法相の任命で社会の正義が崩れた」

Photo : YONHAP News

全国の大学教授など1000人あまりが、曺国(チョ・グク)法務部長官の任命を糾弾する時局宣言文に署名し、法務部長官の交代を求めています。
「社会の正義を望む全国教授会」は「曺国法務部長官の任命により、社会の正義と倫理が崩れた」と題する時局宣言文を14日からインターネットに掲載し、賛同する全国の大学教授や元教授からの署名を受け付けています。
時局宣言文は、「今、われわれは、韓国の社会の正義と倫理が崩れるのを目の当たりにしている。社会の正義と倫理を立て直し、国民の同意を得られる新しい人を法務部長官に速やかに任命することを強く求める」としています。
署名受け付け開始から3日目となった16日午後6時現在、全国185の大学の1021人の教授が署名に参加しています。
「社会の正義を望む全国教授会」は、曺国長官の任命撤回を求めるためにつくられた団体で、19日午前、大統領府青瓦台の前で記者会見し、時局宣言を発表するとしています。

おすすめのコンテンツ