メニューへ 本文へ

政治

政府 コンテンツ産業育成に向けた戦略を発表

Write: 2019-09-18 10:28:11Update: 2019-10-17 10:58:21

Photo : YONHAP News

韓国政府は17日、映像や音楽、ゲームや出版などコンテンツ産業を将来の主力産業に育成するための革新戦略を発表しました。
この日、ソウルでは「大韓民国のコンテンツ、光りになる」と題したイベントが開かれ、文化体育観光部と科学技術情報通信部がコンテンツ産業を主力産業に育成するための「3大革新戦略」を発表しました。会場には 文在寅(ムン・ジェイン)大統領をはじめ政府関係者、コンテンツ関連企業、クリエーターなど約120人が出席しました。
3大革新戦略は、コンテンツ制作力の強化に向けた政策金融の充実、韓流による消費財や観光など関連産業の成長のけん引、仮想現実(VR)や拡張現実(AR)を活用したコンテンツの育成、の3つを掲げています。
政府はこの戦略を基に、コンテンツ産業に総額1兆ウォン以上の予算を支援する方針を示しました。政府はこの戦略を実行することで、2022年までに国内コンテンツ産業の年間売上高150兆ウォン、年間輸出額134億ドルを達成したい考えです。
文大統領はこの日「コンテンツ産業は、無限の潜在力を持った産業であり、韓国のブランド価値と競争力を高める強力な力である。コンテンツ産業の革新と飛躍は、大韓民国を経済・文化強国の道へと導くだろう」と語りました。

おすすめのコンテンツ