メニューへ 本文へ

社会

ソウル市人口の高齢化進む 65歳以上の人口は14%あまり 

Write: 2019-09-18 11:53:18

ソウル市人口の高齢化進む 65歳以上の人口は14%あまり 

Photo : YONHAP News

ソウル市に暮らす65歳以上の人口が全体の14%を超え、高齢社会に入ったことがわかりました。
ソウル市によりますと、去年末の時点でソウル市の人口は、合わせて1004万9604人で、このうち65歳以上の人口は、全体の14.4%の141万人でした。
ソウル市は、このまま進めば、2026年には人口に占める65歳以上の割合が20%以上となり、「超高齢社会」に進入する見通しだと説明しました。
またこの3年間、転出者の数が転入者の数を8万人以上上回ったことから、ことし末から来年上半期あたりにはソウル市の住民登録人口が1000万人以下に減少するとみられます。
ソウル市の人口減少のもっとも大きな要因は、「京畿道(キョンギド)地域への転出」でした。
去年ソウルからの転出者数は合わせて57万人あまりで、このうち13万5000人あまりが京畿道地域に転出しています。

おすすめのコンテンツ