メニューへ 本文へ

政治

文大統領の国政支持率、就任後最も低い43.8%

Write: 2019-09-20 10:15:12Update: 2019-09-21 08:40:56

文大統領の国政支持率、就任後最も低い43.8%

Photo : YONHAP News

文在寅(ムン・ジェイン)大統領の国政運営に対する支持率が、就任以来もっとも低い43.8%に下がったことが分かりました。
また、曺国(チョ・グク)法務部長官の任命に対する反対世論も56%に達していて、曺長官の任命に対する否定的な世論が、文大統領の支持率の下落に直接的な影響を及ぼしているものとみられます。
世論調査会社の「リアルメーター」が今月16日から18日まで全国の成人男女2007人を対象に行った世論調査によりますと、文大統領の国政運営に対する前向きな評価は、先週より3.4ポイント下落して43.8%でした。
一方、否定的な評価は、先週に比べて3ポイント上がって53.0%だったということです。
文大統領の国政運営への支持率は、就任以来もっとも低かった一方、否定的な評価は、就任以来もっとも高い結果となりました。
また、リアルメーターが18日に全国の成人男女504人を対象に曺長官の任命に対する世論調査を行ったところ、否定的な評価は55.5%だった一方、前向きな評価は35.3%で、曺長官の任命に対する反対世論は依然として高いことが分かりました。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >