メニューへ 本文へ

文化

映画「パラサイト」米でもヒット アカデミー賞の期待高まる

Write: 2019-10-22 10:04:22Update: 2019-10-22 17:45:59

Photo : YONHAP News

奉俊昊(ポン・ジュノ)監督の映画「パラサイト 半地下の家族」は、アメリカで18日に一般公開されてからの3日間で124万1334ドルの興行収入を上げし、 チケット販売ランキングで11位を記録しました。
21日、CJエンターテイメントとアメリカのボックス・オフィス・モジョによりますと、「パラサイト 半地下の家族」は現地時間の18日からニューヨーク、ロサンゼルス、ボストン、シカゴなど33の映画館で一般公開され、20日までの3日間で合わせて124万1334ドルの興行収入を記録し、アメリカ全国ボックスオフィスで11位になりました。
現地の映画配給会社は、「パラサイト 半地下の家族」を10月11日からニューヨークとロサンゼルスの3劇場で限定公開しましたが、3館以上の劇場で限定公開された作品としては、ミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」以来、最高の興収を記録しました。
18日の一般公開後も驚異的な盛り上がりを見せていることから、今後、上映館をさらに拡大するものと見られます。
「パラサイト 半地下の家族」は、来年2月のアカデミー賞へのノミネートも決まっているため、アメリカ公開後の好評ぶりに受賞への期待が高まっています。

おすすめのコンテンツ