メニューへ 本文へ

社会

ロシアの軍用機6機が韓国防空識別圏に進入

Write: 2019-10-22 17:22:55

ロシアの軍用機6機が韓国防空識別圏に進入

Photo : YONHAP News

ロシアの軍用機6機が22日、韓半島東の海、東海の韓国防空識別圏(KADIZ)内に相次いで進入したため、韓国軍がF15K戦闘機などを緊急発進して対応する事態となりました。
合同参謀本部によりますと、 韓国の防空識別圏に進入したのは、ロシアの早期警戒管制機1機と、戦闘機3機、戦略爆撃機2機の合わせて6機で、22日午前9時23分頃から午後2時44分頃にかけて、合わせて4回、防空識別圏内に進入しました。
韓国軍は主力戦闘機F15Kを緊急発進させるなどして、いずれも防空識別圏から離脱させたということです。
ロシア軍用機による韓国防空識別圏への進入は今年に入って20回目ですが、6機が相次いで進入したのは異例のことです。
ロシアの軍用機は7月23日にも、独島(トクト、日本で言う竹島)付近の韓国領空を2回にわたって侵犯しましたが、このときは、韓国空軍が戦闘機を緊急発進させ、警告射撃を実施しました。さらに8月8日もロシアの軍用機が韓国の防空識別圏に入り、韓国軍が戦闘機を出動させています。

おすすめのコンテンツ