メニューへ 本文へ

韓半島

北韓 顔認証機能搭載のスマホも発売

Write: 2019-11-11 14:36:28

北韓 顔認証機能搭載のスマホも発売

Photo : YONHAP News

北韓ではスマートフォン市場の拡大にともない、 顔認証など多様な機能を搭載した製品が続々と発売されているもようです。
北韓の韓国向け宣伝用ラジオ放送「統一のメアリ」は9日、北韓電子工業省の「プルンハヌル連合会社」が製造したスマートフォン「プルンハヌル(青い空)」について紹介しました。
「プルンハヌル」は、中心部品のマイクロコントローラ(MCU)が台湾製で、OS=オペレーティングシステムとしてはアンドロイド 7.1.1のヌガー(Nougat)を搭載しています。
また、超高速の3次元顔認証や指紋認証によるセキュリティ機能を備え、デュアルSIMにも対応しているということで、製品の正確な発売日はわかりませんが、「統一のメアリ」は、「プルンハヌル」の需要は日々伸びているとアピールしています。
「統一のメアリ」はことし9月にも顔認証や指紋認証機能のあるスマートフォン「キルドンム(道連れ)」を紹介しています。
また、別の宣伝サイト「曙光(ソグァン)」はことし4月に、ワイヤレス充電機能を搭載したスマートフォン「平壌2425」を紹介しています。
IBK企業銀行経済研究所の推計によりますと、去年12月の時点で、北韓の移動通信サービス加入者数はおよそ600万人に上ったということです。
ソウル大学統一平和研究院がことし8月はじめから9月はじめにかけて、去年北韓を逃れた脱北者116人を対象にアンケート調査を行った結果によりますと、62.9%の人が、「北韓で携帯電話を持っていた」と答えたということです。

おすすめのコンテンツ