メニューへ 本文へ

政治

文大統領 「韓国・ASEAN特別首脳会議を共同成長のきっかけに」

Write: 2019-11-12 14:06:34Update: 2019-11-18 10:09:39

Photo : YONHAP News

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は12日、ASEAN=東南アジア諸国連合などとの協力を強化する政府の「新南方政策」 が韓国の将来の発展に向けて極めて重要との認識を示しました。
文大統領が12日の閣議で述べたもので、閣議は、25日から27日まで釜山(プサン)で開かれる韓国・ASEAN特別首脳会議と 韓国・メコン首脳会議に対する関心を高めるため、大統領府青瓦台ではなく、釜山で開かれました。
閣議で、文大統領は、「韓国・ASEAN特別首脳会議と韓国・メコン首脳会議は、この2年半の間、政府が全力を尽くして推進してきた新南方政策の中間決算だ」と強調しました。
文大統領はASEANを重視する政策について、「韓国政府の外交政策は、2つの点で過去の政権とは異なる変化を実践している。一つは、対話と外交を通じた韓半島問題の解決を目指すことで、もう一つは、従来の4大国中心の外交にとどまらず、ASEAN地域との外交・貿易関係を大きく発展させることだ」と述べました。
文大統領はそのうえで、「今回の会議をASEANとの厚い信頼をもとに、将来の共同成長に向けた協力を劇的に強化するきっかけにしなければならない」と強調しました。

おすすめのコンテンツ