メニューへ 本文へ

政治

曺国前長官が被疑者として検察に出頭 辞任から1か月で

Write: 2019-11-14 13:59:55

曺国前長官が被疑者として検察に出頭 辞任から1か月で

Photo : YONHAP News

子どもの不正入学や妻のファンド投資に絡む不正に関与した疑いが持たれている曺国(チョ・グク)前法務部長官は14日、検察に出頭し取り調べを受けていることがわかりました。
曺前長官は被疑者として検察に出頭し、弁護士の立ち会いのもと取り調べを受けているということで、法務部長官を辞任してから1か月での出頭となりました。
ソウル中央地方検察庁は11日、曺前長官の妻、チョン・ギョンシム東洋(トンヤン)大学教授を子どもの不正入学など14の罪で追起訴しましたが、訴状には曺前長官の名前が数回登場しています。
検察は捜査中の状況を考慮して、曺前長官について「共犯」と明記してはいませんが、チョン教授の容疑の一部に関わっていると見られています。
曺長官が関与していると見られている容疑は大きく3つで、子どもの不正入学、ファンド投資に絡む不正、そして2016年から翌年まで曺前長官氏一家が運営していた学校法人「熊東(ウンドン)学園」に対する偽装訴訟です。
一方、曺前長官の出頭は検察の方針により非公開だっため、この日、検察にメディアの姿は見られなかったということです。

おすすめのコンテンツ