メニューへ 本文へ

社会

大学修学能力試験が全国で一斉に実施 受験者数は過去最低

Write: 2019-11-14 15:11:20

大学修学能力試験が全国で一斉に実施 受験者数は過去最低

Photo : YONHAP News

韓国では14日、日本の大学入試センター試験にあたる大学修学能力試験が全国1185か所の試験場で一斉に行われました。
大学修学能力試験は、午前8時40分から始まり、1限目の国語領域、2限目の数学、3限目の英語、4限目の韓国史・探求、5限目の第2外国語・漢文の順で、午後5時40分まで行われます。
とくに、3限目、英語のリスニング問題が出題される午後1時5分から1時40分までは、国内すべての地域で航空機の離着陸が全面的に禁止されます。
ことしの大学修学能力試験の受験者は、去年より4万6190人減った54万8734人で、1993年の開始以来、最も少ない人数となりました。
このような受験者の減少は、少子化による学齢人口の減少が背景にあるものと見られています。
試験場が設置された地域の官公署の出勤時間は、普段より1時間遅い午前10時以降に変更となり、教育部は企業にも出勤時間を遅らせるよう協力を呼びかけました。
地下鉄や鉄道では、通勤時間に合わせて運行本数を増やす時間帯が通常の「午前7時から9時まで」から「午前6時から10時まで」に2時間拡大されます。
また、韓国取引所などによりますと、総合株式市場のコスピや店頭市場のコスダック、中小企業専用株式市場のコネックスの取引開始時間と終了時間が1時間ずつ繰り下げられたということです。
大学修学能力試験の成績表は、来月4日に配布されます。

おすすめのコンテンツ