メニューへ 本文へ

韓半島

「核問題巡る議論はテーブルから降ろされる」 北韓外務次官

Write: 2019-11-21 13:10:11

「核問題巡る議論はテーブルから降ろされる」 北韓外務次官

Photo : YONHAP News

ロシアを訪れている北韓の崔善姫(チェ・ソニ)第1外務次官は、米朝交渉について「核問題と関連した議論は今後交渉のテーブルから降ろされるのではないか」と述べ、アメリカを改めてけん制しました。
崔次官は20日、ロシアのラブロフ外相との会談後、アメリカ側に伝えるメッセージがあるかという記者の質問に対して、「核問題と関連した議論は今後交渉のテーブルから降ろされるのではないか」と述べました。
また北韓が談話を通じて連日主張している「アメリカの北韓への敵視政策」に言及し、「敵視政策をすべて撤回してこそ核問題を再び論議できる」と強調しました。
米朝首脳会談の可能性については、「それは首脳間の問題であり、私はそれを言える立場ではない」としながらも、「アメリカの敵視政策が続けば、不可能だろう」という見解を示しました。
また「首脳会談は北韓にとってそれほど興味のある事案ではない」とも語りました。
さらに、ロシア訪問期間中にアメリカと接触する可能性についても否定しました。
ロシア側との会談については、「戦略的協力関係について踏み込んだ意見交換を行ったが、米朝交渉については議論しなかった」と明らかにしました。

おすすめのコンテンツ