メニューへ 本文へ

政治

「韓半島で戦争が起こることはない」 康京和外交部長官

Write: 2019-12-04 13:16:38Update: 2019-12-04 18:18:32

「韓半島で戦争が起こることはない」 康京和外交部長官

Photo : YONHAP News

康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は4日、「どんな状況でも韓半島で戦争が起こることはない」と述べました。
康長官は国立外交院の外交安保研究所(IFANS)が開いた国際問題に関する会議で基調演説し、文在寅(ムン・ジェイン)大統領がことし9月に国連総会で行った演説のなかで示した「韓半島平和プロセスの3原則」を挙げ、「どんな状況でも韓半島で戦争が起こることはない」と強調しました。
これは、トランプ大統領が3日、北韓に対して非核化合意の履行を促しながら、「必要なら軍事力の行使も辞さない」と警告したことを受けたものとみられます。
文大統領は国連総会での演説で、韓半島問題を解決するための3原則として ▲ 戦争を容認せず ▲ 相互安全保障 ▲ 共同繁栄を掲げています。
康長官は、最近、北韓の外交関係者らが相次いでアメリカをけん制する談話を発表し、短距離ミサイルの試験発射を行っていることに触れ、「北韓が現在、危ない状態であるようにも見えるが、少なくとも、対話のルートは開かれている。韓国とアメリカ、中国、日本、ロシアと協力して、北韓が引き続き対話を通じて韓半島の完全な非核化と恒久的な平和定着に参加できるよう努力している」と述べました。
また康長官は、急変する北東アジア情勢のなかで、韓半島の完全な非核化と恒久的な平和定着のためには「韓米同盟」と「韓中協力」が重要であることを改めて強調しました。

おすすめのコンテンツ