メニューへ 本文へ

社会

ソウル、アジア太平洋地域の人気旅行地第2位に

Write: 2019-12-06 10:29:08

ソウル、アジア太平洋地域の人気旅行地第2位に

Photo : YONHAP News

旅行検索サイトを運営するスカイスキャナーがまとめた「旅行トレンド2020」によりますと、ソウルはバンコクに次いでアジア太平洋地域の旅行地としては2番目に多くの観光客が訪れる都市だということがわかりました。
これは、去年10月からことしの9月まで、アジア地域の観光客が予約した数千万件の航空券をもとに分析した結果です。
それによりますと、ソウルは日本人観光客がもっとも多く訪れる旅行先で、香港や台湾、シンガポールからも人気旅行地となっていることがわかりました。
国別の旅行地ランキングでも、韓国は上位を占めました。
ソウルが旅行先として人気を集めている理由として、韓流文化が挙げられ、韓国のアイドルグループの世界的な人気により、韓国文化に対する海外からの関心が高まり、韓国旅行につながったと分析しています。
その他にも、シンガポールや台湾、日本など、主なアジア地域とソウルをつなぐ格安航空会社の路線が増えたことなどが挙げられます。
スカイスキャナーの関係者は、「K-POPやファッション、食べ物などの韓流文化や格安航空券などの影響で、韓国はアジア太平洋地域の旅行地として外国人観光客から人気を得ている」と話しています。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >