メニューへ 本文へ

政治

韓日通商当局 、3年半ぶりに「輸出管理政策対話」再開へ

Write: 2019-12-06 11:31:32

韓日通商当局 、3年半ぶりに「輸出管理政策対話」再開へ

Photo : KBS News

韓国と日本の通商当局による「輸出管理に関する政策対話」が3年半ぶりに、今月16日、東京で開催されることになりました。
産業通商資源部は5日、オーストリア・ウィーンで現地時間の4日に行われた輸出管理に関する政策対話に向けた局長級準備会合で合意された内容として明らかにしました。
これで、2016年6月以降開かれることがなかった韓日間の「輸出統制協議会」が3年半ぶりに再開されます。
準備会合と同様に、韓国は産業通商資源部の李浩鉉(イ・ホヒョン)貿易政策官、日本は経済産業省の飯田陽一貿易管理部長が、両国の首席代表を務めるとされています。
また、政策対話では、武器に転用できる戦略物資など機微技術規制に関する現況、両国の輸出管理システムと法体制などの議題をめぐり、問題解決に向けた意見交換が行われるものとみられます。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >