メニューへ 本文へ

韓半島

北韓、東倉里の発射場でミサイルエンジン試験準備か

Write: 2019-12-06 14:43:51Update: 2019-12-06 15:57:38

北韓、東倉里の発射場でミサイルエンジン試験準備か

Photo : KBS News

北韓の北西部・東倉里(トンチャンリ)にあるミサイル発射場で、「エンジン試験」の再開を準備している様子が衛星写真で確認されたと、5日、アメリカCNNが報じました。
CNNによりますと、地球観測衛星ベンチャー「プラネット・ラボ」が5日撮影した東倉里の衛星写真から、新たな動きが確認されたということです。
アメリカのミドルバリー国際研究所「東アジア不拡散センター」のジェフリー・ルイス所長は、エンジンの試験台に以前は見られなかった『大型貨物用コンテナ』が確認されるとし、衛星発射台や大陸間弾道ミサイルのエンジン試験を再開するための準備作業である可能性があるとの見方を示しました。
また、ルイス所長は、エンジン試験が、ミサイルや衛星試験と同じ水準の挑発行為ではないものの、活動を再開した事自体が重大な変化であり、ミサイル発射の前段階である可能性があるとして懸念を示しました。
一方、アメリカ国防総省とCIA中央情報局は、今のところ、この写真に関するコメントを出していません。
北韓のリ・テソン外務次官(アメリカ担当)は、今月3日に発表した談話のなかで、「アメリカに示した年末までの期限が日一日と迫っている」としたうえで、「残るはアメリカの選択であり、クリスマスプレゼントに何を選ぶかはアメリカの決断にかかっている」と主張しています。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >