メニューへ 本文へ

政治

青瓦台の高官が訪露 訪米から帰国直後に

Write: 2020-02-13 11:24:26Update: 2020-02-13 15:42:38

青瓦台の高官が訪露 訪米から帰国直後に

Photo : YONHAP News

アメリカを訪れて帰国したばかりの大統領府青瓦台の金鉉宗(キム・ヒョンジョン)国家安保室第2次長が、その直後、今度はロシア・モスクワを訪れたことがわかりました。
金次長は12日、モスクワ入りし、訪問の目的を聞く記者団に対して「韓ロ国交樹立30周年を迎えて、ロシア側とプーチン大統領の韓国訪問をはじめ両国の懸案について議論するため」と答えました。
ロシアで北韓側と接触する可能性については、「ない」と明言しました。
しかし、ロシア側と南北間の問題や米朝の非核化交渉などについて議論する予定かという質問に対しては、「答えられない」とし、こうした問題でロシア側と話し合う可能性をちらつかせました。
金次長は今月10日と11日にアメリカ・ワシントンで非核化や南北関係、対北韓制裁などについて話し合う韓米の実務者による作業部会や北韓の核問題をめぐる6か国協議の韓米の次席代表会議に出席しています。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >