メニューへ 本文へ

経済

ムーディーズ 韓国のことしの成長率見通しを1.9%に下方修正

Write: 2020-02-18 12:33:32Update: 2020-02-18 12:33:47

ムーディーズ 韓国のことしの成長率見通しを1.9%に下方修正

Photo : YONHAP News

アメリカの格付け会社、ムーディーズが、韓国のことしの経済成長率の見通しを1.9%とし、去年11月に示した2.1%から0.2ポイント下方修正しました。
新型コロナウイルスの感染拡大を理由にあげています。
中国については5.8%から5.2%へと0.6ポイント下方修正し、日本についても0.1ポイント下方修正し、0.3%になるとの見通しを示しました。
ムーディーズは、「新型コロナウイルスの感染拡大が中国の経済活動に与えた衝撃が、ほかのアジア太平洋地域の国の生産や観光産業にマイナスの影響を与えるとみられる」としています。
また、感染拡大が長期化した場合、韓国をはじめ、各国の経済成長率がさらに落ち込む可能性があるという見方を示しました。
新型コロナウイルスの感染拡大を理由に韓国の成長率見通しを下方修正したのはムーディーズが初めてです。
これに先立って、格付け大手のフィッチ・レーティングスやスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は、新型コロナウイルスの感染拡大が成長を押し下げる要因になり得るとの懸念を示しつつも、韓国の経済成長率の見通しについてはそれまでと同じ見方を示しています。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >