メニューへ 本文へ

政治

韓米首脳が電話会談 米大統領、医療装備の支援を要請

Write: 2020-03-25 11:36:39Update: 2020-03-25 18:35:26

Photo : YONHAP News

文在寅(ムン・ジェイン)大統領とアメリカのトランプ大統領が24日夜、電話会談を行い、新型コロナウイルスへの対応を協議しました。
会談はトランプ大統領の緊急提案で、韓国時間の24日午後10時から23分間行われました。
大統領府青瓦台によりますと、トランプ大統領は会談で、韓国の感染拡大防止に向けた対応を評価したうえで、医療装備の支援を韓国に要請し、これに対して文大統領は韓国の装備に余裕があれば最大限支援すると答えたということです。
アメリカ国内で診断キットをはじめマスクなど医療品が不足していることから、トランプ大統領が支援を要請したものとみられます。
文大統領が、支援のためには、アメリカ食品医薬品局の承認手続きが必要になると言うと、トランプ大統領は今日中に承認できるようすぐに措置を取ると話したということです。
両首脳は両国が最近、通貨スワップ協定を締結したことについて、非常に時宜にかなった措置だったと評価し、また、東京オリンピックの1年延期の問題や、26日にテレビ会議方式で開かれるG20=主要20か国首脳会議についても意見交換したということです。
青瓦台はトランプ大統領が北韓の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長に親書を送ったことについて話題になったかについては言及しませんでした。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >