メニューへ 本文へ

社会

少女らを性的搾取した被疑者 顔を公開して身柄送検

Write: 2020-03-25 14:13:26Update: 2020-03-25 14:33:50

少女らを性的搾取した被疑者 顔を公開して身柄送検

Photo : YONHAP News

少女など少なくとも74人を脅して性的行為などをする動画を送らせ、SNSソフトの「テレグラム(Telegram)」を使って販売した容疑で逮捕された男の身柄が25日、検察庁に送られました。
この男については身元情報公開委員会は24日、身元を公開する決定を行ったため、25日、検察庁に身柄を移された男は、マスクを外して顔をあらわにした姿でメディアの前に立ちました。
韓国では容疑者の人権保護などの観点から、容疑者の身元は原則として公表しませんが、この事件をめぐっては、大統領府青瓦台の「国民請願掲示板」に身元の公表を求める書き込みが掲載され、6日間で賛同者が500万人に上るなど、未成年を性的に搾取したと非難する世論が強まったことを受けて、容疑者の顔や身元を例外的に公開することになりました。
この男は、テレグラム上で「博士の部屋」と称した「チャットルーム」を運営しながら2018年12月からことし3月まで、少女たちを脅して、体に「奴隷」という文字を刻ませ、指示通りに性的行為などをする動画を送らせて、それをチャットルームのメンバーらに販売し、巨額の収益を得たとして児童・青少年の性保護に関する法律違反などの容疑が持たれています。
警察がこれまでに把握した被害者は74人で、このうち、未成年者は16人いるということです。
文在寅(ムン・ジェイン)大統領はこの事件を重く見て23日、「国民の怒りに共感する」として、押収した動画の破棄など被害女性への支援などを行うよう指示しています。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >