メニューへ 本文へ

スポーツ

大韓体育会 「東京オリンピックの延期決定を尊重」

Write: 2020-03-26 09:49:25

大韓体育会 「東京オリンピックの延期決定を尊重」

Photo : YONHAP News

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けて、IOC=国際オリンピック委員会が東京オリンピック・パラリンピックを1年ほど延期することを決めたことについて、大韓体育会は25日、声明を出し、IOCと東京オリンピック大会組織委員会の決定を尊重し、引き続き協力していくと述べました。
大韓体育会は、声明で、新型コロナウイルスから選手と国際社会の健康を守るため、オリンピックの延期を決めたIOCと東京オリンピック大会組織委員会の決定を尊重するとしたうえで、選手と参加者が安全な環境の下で、大会に参加できるよう、IOCと大会組織委員会に引き続き協力していくと述べました。
また、忠清北道(チュンチョンブクド) 鎮川(ジンチョン)にある国家代表選手村の今後の運営を変更すると発表しました。
大韓体育会は、これまで、新型コロナウイルスの感染を防ぐため、選手村にいる選手団に対し、長期間の外出や外泊を制限していましたが、オリンピックの延期を受け、27日までに、選手村で練習している選手やコーチ陣を一度帰宅させ、選手村への復帰の時期や方法については、今後状況を見極めながら、決定すると説明しました。
大韓体育会は、文化体育観光部と連携し、延期されたオリンピックの日程にあわせて、緊密に対応できる体制を整えるとしています。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >