メニューへ 本文へ

社会

海外帰国者の感染が急増 11日間で200人超え

Write: 2020-03-26 14:54:40

海外帰国者の感染が急増 11日間で200人超え

Photo : YONHAP News

海外からの帰国者から新型コロナウイルスの感染が確認されるケースが、この11日間で200人を超えていて、海外からのウイルスの流入に懸念が高まっています。
中央防疫対策本部によりますと、25日午前0時の時点で、新型コロナウイルスの感染者は前の日より104人増えて9241人となりました。
新たに感染が確認された人数は、前の日に続いて100人を超えました。
感染者9241人のうち284人は海外からの帰国者で、このうち234人は今月15日から11日間に感染が確認されました。
25日に感染が確認された104人のうち30人が入国の際に行われる検疫の過程で陽性が確認されたということです。
一方、政府はアメリカやヨーロッパからの入国者に対する検疫を強化していて、今後、検疫の段階で感染が確認されるケースが増加するものとみられています。
現在、ヨーロッパからの入国者は全員に対して診断検査が行われていて、アメリカからの入国者は27日から症状がみられる場合にのみ診断検査を行い、症状のない人に対しては2週間の隔離措置をとることになっています。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >