メニューへ 本文へ

サイエンス

防疫当局「完治者の血漿、新型コロナ治療に活用できる」

Write: 2020-04-01 10:00:00Update: 2020-04-01 10:35:29

防疫当局「完治者の血漿、新型コロナ治療に活用できる」

Photo : YONHAP News

中央防疫対策本部は31日、定例の会見で、新型コロナウイルスの感染から完治した人の血漿を、ウイルスの治療に活用する指針を近くまとめる方針を示しました。
中央防疫対策本部は、指針について「科学的に証明された新型コロナウイルスの治療方法が依然として不明のなか、重度の患者の治療に使うためのもの。完治した人の血漿に入っている抗体を患者に投与する治療法となる」と説明しました。
この指針には、血漿治療の対象となる患者の基準や、血漿を投与する回数、投与する血漿の量などの内容が盛り込まれるということです。
韓国では、2015年に流行したMERS=中東呼吸器症候群に感染した患者の治療にも、回復基調にある患者の血漿を使ったことがあります。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >