メニューへ 本文へ

国際

北韓のミサイル発射批判する声明採択ならず 国連安保理

Write: 2020-04-01 13:45:14Update: 2020-04-01 16:39:27

北韓のミサイル発射批判する声明採択ならず 国連安保理

Photo : YONHAP News

北韓が先月29日に飛翔体を発射した問題で、国連の安全保障理事会の緊急会合が開かれましたが、北韓を批判する声明の採択には至りませんでした。
国連安保理は現地時間の3月31日、非公開の緊急会合を開き、北韓の相次ぐミサイル発射などについて話し合いましたが、声明文の発表に関する合意には至りませんでした。
ヨーロッパの理事国を中心に、北韓の挑発行為に対する批判の声が上がりましたが、中国とロシアが北韓への制裁緩和を求めたため、意見は一致しなかったということです。
一方、会合終了後に、ドイツやベルギーなどヨーロッパの理事国6か国が、北韓のミサイル発射を糾弾する共同声明を発表しました。
共同声明で6か国は、「北韓は去年5月から17回にわたりミサイル発射を行った」とし、「明確に安保理決議に違反する挑発行為であり、これを非難する」と表明しました。
この日の緊急会合は、ヨーロッパの理事国の要請で開催され、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響でテレビ会議方式で行われました。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >