メニューへ 本文へ

政治

尹美香氏 「寄付金の不正流用疑惑は事実でない」

Write: 2020-05-29 15:13:53Update: 2020-06-01 18:23:24

尹美香氏 「寄付金の不正流用疑惑は事実でない」

Photo : YONHAP News

慰安婦被害者を支援する市民団体「正義記憶連帯」の代表を務め、与党「共に民主党」の国会議員として当選した尹美香(ユン・ミヒャン)氏について寄付金の不正流用疑惑が持ち上がるなか、尹氏は29日、疑惑を否定しました。
尹氏は29日、国会で記者会見を開き、「自分を信じてくれたすべての方々に深い傷と心配をかけたことを心からお詫びしたい。もっとはやく謝罪することができず申し訳ない」とし、「国民が十分だと判断するまで、疑惑を晴らしていく」と述べました。
集まった寄付金を慰安婦被害者への支援に使っていないという疑惑については、「事実ではない」と否定しました。
記者会見はおよそ40分間行われ、尹氏は、寄付金や補助金をめぐる不正会計のほか、慰安婦被害者のための休養施設を設立する際に通常価格を大幅に上回る価格で購入し、仲介者との間で裏取引が行われたのではないかとの疑惑についても否定しました。
尹氏はまた、2015年の韓日合意の内容を知っていたにも関わらず被害者らに伝えなかったという疑惑については、「日本政府からの慰労金を受け取る意思があるかどうか、被害者に確認している」と述べ、「密室での合意を強行した外交当局者の責任を正義記憶連帯と私に転嫁していることに深い遺憾を表する」と述べました。
現在、「正義記憶連帯」に対する検察の取り調べが行われていますが、尹氏の国会議員としての任期は今月30日に始まり、不逮捕特権をもつ国会議員の立場になります。

★2020年6月1日修正

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >