メニューへ 本文へ

政治

文大統領 スポーツ界の人権強化を指示 トライアスロン選手の自殺受け

Write: 2020-07-03 09:55:06Update: 2020-07-03 10:14:36

文大統領 スポーツ界の人権強化を指示 トライアスロン選手の自殺受け

Photo : YONHAP News

所属チームの指導者らから暴行・暴言を受けていたトライアスロン選手、チェ・スクヒョンさんが、先月26日、自ら命を絶った事件を受け、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、文化体育観光部に再発防止に向け徹底した対策を取るよう指示しました。 
チェ・スクヒョンさんは、元所属チーム「慶州市庁」の監督とチームドクターから長期間、暴行を受けていたとして、ことし2月、2人を警察に告訴し、4月には大韓体育会のスポーツ人権センターと大韓鉄人3種総協会に、暴力があったことを告発していました。しかし、何の措置も取られず、先月26日、チェさんは、自ら命を絶ちました。
チェさんの知人は2日、大統領府青瓦台のホームページに設けられた「国民請願掲示板」に加害者の厳罰を求める書き込みを掲載しました。「国民請願掲示板」は、国民誰もが自由に書き込みを投稿することができ、20万人以上が支持した書き込みには、青瓦台が公式の答弁をすることになっています。
文大統領はこの日、文化体育観光部に 「チェ選手が、大韓体育会のスポーツ人権センターに暴力を告発したのは4月8日だったが、適切な措置が取られず、不幸なことが起きてしまったのは大きな問題だ」と指摘し、再発防止に向け、徹底した対策を取るよう指示しました。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >