メニューへ 本文へ

社会

旧・日本大使館前での集会を禁止 感染拡大防止が理由

Write: 2020-07-03 13:38:57Update: 2020-07-03 14:02:36

旧・日本大使館前での集会を禁止 感染拡大防止が理由

Photo : YONHAP News

ソウル市鍾路区は3日、ソウルの旧・日本大使館周辺での集会やデモについて、新型コロナウイルスの感染拡大の防止を理由に、禁止する措置を取りました。
慰安婦問題に関して日本政府に抗議するため毎週開かれてきた「水曜集会」や、これを批判する保守系団体による集会も禁止となります。
鍾路区の今回の措置は、慰安婦支援団体と保守系団体の間で、互いを非難する対立が激しくなったため、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ防疫対策が難しくなったと判断したためとされます。
鍾路区の関係者は、「今回の措置にはいかなる政治的な判断も介入していない」としたうえで、「先月24日と今月1日の2回にわたる集会で、両団体はいずれもマスクをつけないなど防疫ルールを守らなかった。また両団体が衝突寸前まで行き、区の関係者や警察によるコントロールが不可能な状況になっている」と説明しています。
集会制限は感染の状況が和らぐまでの当面の措置で、違反した場合は集会の主催者や参加者に300万ウォン以下の罰金が科せらます。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >