メニューへ 本文へ

政治

安保関連高官の人事刷新 国家安保室長後任に国家情報院トップを内定

Write: 2020-07-03 15:42:07Update: 2020-07-27 18:19:44

安保関連高官の人事刷新 国家安保室長後任に国家情報院トップを内定

Photo : YONHAP News

次期国家安保室長に情報機関トップの徐薫(ソ・フン)氏が内定しました。
文在寅(ムン・ジェイン)大統領は3日、大統領府青瓦台の次期国家安保室長に情報機関、国家情報院トップの徐薫氏を充てる人事を発表しました。
空席になる国家情報院長には国会議員を務めた朴智元(パク・チウォン)氏を内定しました。
また、現在空席の統一部長官には、与党「共に民主党」の李仁栄(イ・イニョン)前院内代表を内定しました。
このほか、大統領統一外交安保特別補佐官に任鍾晳(イム・ジョンソク)前大統領秘書室長と鄭義溶(チョン・ウィヨン)安保室長を内定しました。

★2020年7月27日修正

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >