メニューへ 本文へ

韓半島

統一部 「米朝対話の再開向けて努力する」

Write: 2020-07-06 14:44:18Update: 2020-07-06 19:49:58

統一部 「米朝対話の再開向けて努力する」

Photo : YONHAP News

北韓外務省の崔善姫(チェ・ソニ)第1外務次官が4日、米朝対話の拒否を明確にしましたが、韓国統一部は、「米朝対話が早急に再開されるよう努力する」という従来の立場を改めて表明しました。
統一部の報道官は6日、定例の会見で、「韓半島の非核化や恒久的な平和定着を目指して、米朝対話が早急に再開されるよう努力するという韓国政府の方針には変わりはない」と話しました。
北韓の崔第1外務次官は4日に発表した談話のなかで「アメリカにとって米朝協議は政治的なツールでしかない」とし、アメリカの大統領選挙前に米朝首脳会談が行われる可能性はないと釘を刺しています。
一方、この報道官は、7日から3日間の日程で韓国を訪れるアメリカ国務省のビーガン副長官が、統一部長官候補らと面談する可能性については、「アメリカ側からの要請がない」と話しました。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >