メニューへ 本文へ

文化

昌徳宮の夜間開放イベントが13日にスタート

Write: 2020-08-06 09:22:55Update: 2020-08-06 09:47:13

昌徳宮の夜間開放イベントが13日にスタート

Photo : YONHAP News

ソウルにある5大故宮の一つ、昌徳宮(チャンドックン)の夜間開放イベントが13日からスタートします。 
韓国文化財財団は5日、夜の宮殿を散策する人気イベント「昌徳宮月明かり紀行」が、8月13日から開催されると発表しました。イベントは9月13日まで1か月間となっていて、毎週木曜日から日曜日に行われます。
参加者は、ガイドと共に正門の敦化門(ドンファムン)をはじめ、昌徳宮の殿閣を見て回ります。また、演慶堂(ヨンギョンダン)、上涼亭(サンリャンジョン)、暎花堂(ヨンファダン)、愛蓮亭(エリョンジョン)では韓国伝統音楽の公演などを鑑賞することができます。
今年で11年目を迎えたこのイベントは、ことし5月28日にも開催されましたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、開始1日で終了しました。今回のイベントでは、感染拡大の状況を踏まえ、1日5回実施し、1回のごとの定員を20人に限定する計画です。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >