メニューへ 本文へ

経済

韓国株価指数KOSPI 連日最高値を記録 今年の上昇幅は世界トップ

Write: 2020-08-06 12:28:42Update: 2020-08-06 18:11:15

韓国株価指数KOSPI 連日最高値を記録 今年の上昇幅は世界トップ

Photo : KBS News

韓国の総合株価指数KOSPIは、連日、最高値を更新しています。
KOSPIは6日、前の日より30.75ポイント、1.33%上昇して2342.61で取引を終えました。これは、ことしに入っての最高値だけでなく、2018年10月以降でも最高値です。
店頭市場KOSDAQも854.12で取り引きを終え、同じくことし最高値であると同時に2018年6月以降最も高い数値を記録しました。
個人投資家の買いが、2次電池やバイオなど主導株を中心に株価を引き上げたことが背景にあるとみられています。
株価の上昇は、新型コロナウイルスを克服するために各国が大量に供給した資金が金融市場に流れ込むことで世界的に現れている現象で、株価だけでなく金の価格も1オンス2000ドルを上回っているほか、安全な資産として分類される債券の価格もほとんどが上昇しています。
そのなかでも、韓国の株価上昇は目立った上昇ぶりを見せていて、5日基準でことしの底値からの上昇幅を見るとKOSDAQは98%で主要先進国のなかでも最も大きく、KOSPIも59%でアメリカのナスダック総合指数の次に大きい上昇幅となっています。
一方で、実体経済の回復は緩慢である反面、金融市場が過度に過熱しているのではないかという懸念も出ています。
金融当局は、市場の関心事となっている空売り禁止が延長されるかどうかについて、公聴会を開き決定する一方で、新型コロナウイルスによるダメージが依然として残っている点を勘案すると明らかにしました。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >