メニューへ 本文へ

社会

1週間続いた大雨で被災者2500人 死者17人・行方不明10人

Write: 2020-08-07 13:48:26Update: 2020-08-07 14:08:51

1週間続いた大雨で被災者2500人 死者17人・行方不明10人

Photo : YONHAP News

1日から降り続いた大雨で、17人が死亡し、10人が行方不明となっているほか、2500人の被災者が発生するなど被害が広がっています。
中央災害安全対策本部は7日、首都圏と中部地方で1日から降り続いた大雨により、7日午前6時までに合わせて17人の死亡が確認され、10人が行方不明になっていると発表しました。
被災者は6つの市と道のあわせて1447世帯、2500人に上っています。
地域別では忠清南道(チュンチョンナムド)が748人、忠清北道(チュンチョンブクド)が636人、江原道(カンウォンド)が628人、京畿道(キョンギド)が479人などとなっています。
北韓との境界地域である江原道鉄原郡(チョルウォングン)では、雨で流されてきた地雷2発などが見つかり、当局が処理にあたりました。
これまでに届け出があった建物・施設の被害は6162件で、住宅1949棟をはじめ、畜舎・倉庫1179棟、ビニールハウス169棟などで浸水や土砂流入の被害が発生しています。
大雨が続いたため、応急復旧が終わったのはこのうち65%にとどまっています。
このほか、農耕地の被害も8161ヘクタールに上っています。
気象庁によりますと、全国各地で今週末も雨が降り、中部地方では来週後半まで雨が続く見通しです。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >