メニューへ 本文へ

国際

WTO事務局長候補の韓国通商本部長「WTO、本来の役割果たせず」

Write: 2020-08-13 09:49:00Update: 2020-08-13 10:10:35

WTO事務局長候補の韓国通商本部長「WTO、本来の役割果たせず」

Photo : YONHAP News

WTO=世界貿易機関の次期事務局長選挙に立候補した産業通商資源部の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長は、ワシントン国際貿易協会が現地時間の11日に主催したオンライン会合に参加し、「WTOは、本来の役割を果たせずにいる」と指摘してWTOの紛争調整機能の回復と透明性強化の必要性を訴えました。 
兪本部長は会合で、「世界貿易は、保護主義の台頭により、深刻な危機に直面し、紛争解決システムは麻痺している」として、「WTOの交渉機能を再び活性化させると共に、紛争調整機能の回復と透明性の強化などが求められる」と強調しました。
また、兪本部長は、「次期事務局長は多国間貿易システムにおける信頼を立て直せる人物であるべきだ」などと述べ、通商専門家であり、長年の交渉経験を備えた自身が適任者であるとアピールしました。
WTOの事務局長選には兪本部長を含め8人が立候補していて、来月6日までの選挙運動期間を経て、加盟国間で最大2か月にわたって協議を行い、事務局長を選出します。
兪本部長が次期事務局長に選ばれれば、韓国人初で女性初の事務局長になります。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >