メニューへ 本文へ

社会

光復節の連休期間 済州島に観光客21万が訪れる見通し

Write: 2020-08-13 14:23:59Update: 2020-08-13 15:28:34

光復節の連休期間 済州島に観光客21万が訪れる見通し

Photo : YONHAP News

独立記念日「光復節」の連休期間に、多くの観光客が済州島(チェジュド)を訪れるものとみられています。
済州観光協会などの観光業界は、ことしの「光復節」の休日が土曜日と重なったため臨時休日となった17日を含めて、13日からの5日間に、21万3000人あまりの観光客が済州島を訪れる見通しだと明らかにしました。
17日が臨時休日となったため、13、14日に2日間の休みをとれば、最長5日間の休みをとれることから、夏休みを済州島で過ごそうとする旅行客が増えるものとみられています。
一方、多くの観光客が予想されるなかでも、前の年の同じ時期に済州島を訪れた観光客23万889人には少し及ばないものとみられます。
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、外国人が査証(ビザ)なしで南部の済州島を一定期間訪問できる制度を2月に中断してから半年が経ちましたが、今回の連休中、減少した外国人観光客を韓国人観光客が穴埋めするものとみられます。
実際に、今月1日から11日までに済州島を訪れた韓国人観光客は45万6806人で、前の年の同じ時期に比べて1.65%増加しました。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >