メニューへ 本文へ

政治

北韓「南シナ海問題、対話で解決すべき」ARFで異例の言及

Write: 2020-09-16 09:10:57Update: 2020-09-16 14:35:30

北韓「南シナ海問題、対話で解決すべき」ARFで異例の言及

Photo : YONHAP News

今月12日に行われたARF=ASEAN(東南アジア諸国連合)地域フォーラムで、北韓が、南シナ海問題など地域の外交課題について言及し、異例の意見を述べていたことがわかりました。 
アジア太平洋地域の安全保障環境の向上について話し合うARFは、12日に、オンラインで行われ、韓国からは康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が参加し、北韓からはインドネシアに駐在するアン・グァンイル北韓大使が参加しました。
アン大使はこの日、中国が領有権を主張し、アメリカなどと鋭く対立している南シナ海問題に触れ、「対話を通じて平和的に解決すべきだ」と述べました。また、中国が香港の自由を制限する「香港国家安全法」を制定したことをめぐる問題については、中国の国内問題であるとして、アメリカなど他の国の介入は内政干渉だとするこれまでの立場を改めて示しました。
北韓が、ARFで、国際的な外交懸案に対し立場を表明したのは異例のことです。
一方、この日、康長官は、新型コロナウイルスの感染防止など、あらゆる領域で、北韓と協力し、南北関係を進展させていきたいとする考えを示しましたが、アン大使は、康長官の発言には反応を示しませんでした。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >