メニューへ 本文へ

経済

韓国の経済成長率、ことし-1.1% 来年は+2.8%に

Write: 2020-12-02 11:41:46Update: 2020-12-02 18:37:21

Photo : YONHAP News

OECD=経済協力開発機構は、韓国のことしの経済成長率の見通しをマイナス1.1%に下方修正しました。
ことし9月のマイナス1%からは0.1ポイント引き下げたことになります。
ただ、9月に引き続き、OECD加盟国のなかで韓国のマイナス成長幅がもっとも低くなるとの見通しを示したうえで、来年新型コロナ以前の水準に景気が回復する国は、韓国を含めた5か国のみだとしました。
OECDは、韓国が新型コロナウイルスへの対応を効果的に行ったほか、大規模な財政支援を通して消費が上向き、半導体を中心に輸出も回復したとしましたが、その一方で雇用は減ったと指摘しました。
そして、韓国の来年の経済成長率は、9月の見通しよりも0.3ポイント低い2.8%になると見通しました。
OECDは、韓国に対して、新型コロナの影響を大きく受けている非正規職やサービス業などに支援を集中させ、納税の猶予や減税などの政策を講じるよう勧告しました。
ことしの世界経済の見通しについては、9月の見通しよりも0.3ポイント高いマイナス4.2%になると予想する一方で、来年の世界経済の成長率は0.8ポイント低い4.2%になるとの見通しを示しました。
各国の積極的な取り組みによって第3四半期に景気が回復したものの、第4四半期に入ってアメリカやヨーロッパなどで新型コロナウイルスが再流行している状況などを踏まえたものとみられます。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >