メニューへ 本文へ

社会

新型コロナ、新たに629人感染 9か月ぶりに600人台

Write: 2020-12-04 12:18:49Update: 2020-12-04 15:21:28

新型コロナ、新たに629人感染 9か月ぶりに600人台

Photo : YONHAP News

中央防疫対策本部によりますと、4日の新型コロナウイルスの感染者は前の日より629人増えて、累計で3万6332人となりました。
1日の新たな感染者数が600人を超えたのは、ことし2月から3月にかけて大邱(テグ)・慶尚北道(キョンサンブクド)を中心に拡大した「第1波」の流行以降、およそ9か月ぶりです。
新たな感染者629人のうち、国内での感染は前日より84人多い600人で、残りの29人は海外からの入国者でした。
地域別にみると、ソウルがこれまでで最も多い291人、京畿道が155人、仁川市が17人と、首都圏が全体の77%を占めています。
丁世均(チョン・セギュン)国務総理は4日、「政府の感染予防措置‘社会的距離の確保’を第2段階に引き上げてから10日が過ぎたが、いまだに感染拡大が収まっていない。週末まで状況を見ながら、追加の防疫措置を取るかどうか決める」と述べました。
首都圏では、「社会的距離の確保」の5段階のうち上から3番目の第2段階の措置が取られています。
韓国では、新型コロナの「第3波」が本格化し、新たな感染者数は先月8日から27日連続で3桁台となっています。
こうしたなか、ソウル市は4日、来週7日から2週間、映画館やネットカフェ、学習塾、美容室、デパートなど多数の利用者がある施設について、夜9時以降の営業を禁止する緊急措置を発表しました。
ソウル市内のすべての中学・高校の授業は、遠隔授業として行われるということです。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >