メニューへ 本文へ

社会

新型コロナ 新たに354人感染

Write: 2021-01-26 13:26:21Update: 2021-01-26 13:38:37

新型コロナ 新たに354人感染

Photo : YONHAP News

中央防疫対策本部によりますと、新型コロナウイルスの感染者は、26日までに新たに354人が確認され、合わせて7万5875人になりました。 
新たな感染者354人のうち、国内での感染は338人で、残りの16人は海外からの入国者でした。
地域別には、ソウル101人、京畿道(キョンギド)79人、江原道(カンウォンド)42人、釜山(プサン)27人、仁川(インチョン)18人などの順でした。
死者は11人増えて、1371人になりました。
政府は、新たな感染者数の最近の推移からして、現在首都圏で上から2番目の2.5段階、首都圏以外で上から3番目の2段階としている政府の感染対策「社会的距離の確保」措置を緩和する必要があるとみていますが、宗教施設を中心として発生しているクラスター=集団感染がどこまで拡大するかの見通しがつかず、苦慮しているということです。
丁世均(チョン・セギュン)国務総理は26日、中央災難安全対策本部の会議で、「大田(テジョン)の宗教関連施設で発生したクラスターで120人以上の感染が確認された。この施設では、感染が疑われる症状がみられた人にも検査を行わなかった」としてずさんな対応を指摘しました。
一方、保健当局は、海外ではおよそ2か月前からワクチンの接種が始まっているが、感染力の強い変異したウイルスの報告も続いていると説明しました。
韓国国内で、変異したウイルスへの感染が確認されたのは、25日の時点で、合わせて27件となっています。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >