メニューへ 本文へ

経済

IMF 韓国の今年の経済成長率を3.1%に上方修正 世界は5.5%

Write: 2021-01-27 11:21:24Update: 2021-01-27 18:41:26

Photo : YONHAP News

IMF=国際通貨基金は26日、最新の世界経済の見通しを発表し、韓国のことしの経済成長率を3.1%に上方修正しました。
去年10月の見通しからは0.2ポイントの引き上げたことになり、経済成長率の見通しが示される先進11か国の中で、もっとも高い数値となりました。
企画財政部の関係者は、輸出の回復やワクチンの普及計画などが反映されたものとみられると説明しました。
去年とことしの成長率を合計した、合計成長率の見通しも2%になると予想し、先進国の中で1位でした。
IMFはことしの世界の経済成長率の見通しを、去年10月の見通しよりも0.3ポイント高い5.5%に上方修正しました。
先進国は4.3%、新興国と開発途上国は6.3%になると見通しました。
国別にはアメリカが5.1%、ユーロ圏が4.2%、日本が3.1%、中国が8.1%でした。
IMFは、新型コロナの感染拡大と封鎖措置によって、ことしはじめの成長動力は弱まるものの、第2四半期からワクチンの普及などによって回復すると予想しました。
また、各国の政策については、ワクチンへのアプローチを高める国際的な連携を強化するほか、失業者の再教育などを通じた不均衡の解消に乗り出すことを勧告しました。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >